オススメサイトはこちら

ランキング1位SweetLine


ランキング2位FirstMail


ランキング3位愛カツ


コンテンツが充実しているメル友を簡単に作れるオススメサイト。
様々な方法でパートナーを見つけ出すことが出来ます♪

サポートが非常に充実しているメル友作りに不安を覚えている人も安心のサイト!
不安な要素が一切ないので、安心して利用可能です!

検索機能が充実しているご近所から遠距離まで様々なメル友を探せる優良サイト!
ご近所で理想の相手を探し出すことが出来ます♪


メル友募集サイトやSNSサイトに登録手続きが終われば「後はメールが来るのを待つだけ!」と安心していませんか?
新規会員に登録すると新着情報に紹介されたりしてアプローチメールがバタバタっとくることもあります。
でも慣れていないから誰にどんな返事をしたか忘れてしまいます。
気がつけば誰ともやり取りが続いていない――そんなことも日常茶飯事です。

メル友にどういったことを希望刷るのでしょうか?
・普段の生活のことを気軽におしゃべりしたい。
・趣味の話ができて情報交換したい。
・悩み事を相談できる相手になってほしい。
・同年代の人が周囲にいないのでメル友を希望したい。

相手からメールがきてもあなたが希望する相手とは言えないですね。
しっかりとプロフィール欄に希望の相手の条件を公開しておくといいでしょう。

それよりも自分から積極的に相手のプロフィールを見てアプローチするほうがいいです。
「良い感じ!」なんてインスピレーションが湧いたらどんどんとファーストメールを送りましょう。

ですがマナー違反は嫌われます。
・直アドを教えて欲しい。
・写真を交換しませんか?
・デートしてもらえませんか?

親しくないのに上記のようなことを文章にするとスルーされてしまいます。
インターネットは匿名性が強いメディアです。
不審人物は絶対に相手にされない世界です。

実際の生活では初対面の場合の第1印象は9割がルックスやスタイルになります。
そこで感じた第1印象はとても強く気持ちに影響をあたえます。
なかなかそれを覆すことはできません。

メル友募集サイトの場合はルックスは関係ないです。
ですが第1印象を変えることはができないのは普段の生活と同じです。
メル友募募集サイトで第1印象に匹敵するのは次の3点です。

・プロフィール欄自己紹介文
・ひと言メッセージをそのような文言にしているか?
・ファーストメールでの文面

中身が優れていて魅力的でも文章表現がダメダメならばインターネットで交際することは無理です。
どのようにすればいいのでしょうか?
それは、別に小説家のようにうっとりとするような美しい表現をする必要はないです。
何をいいたいか分かりやすく、中学生でも理解できる文章を書く事です。

それには文章表現力を磨くことです。
いろいろ細かいことをアドバイスしている記事があります。
しかし基本ができていなければ意味がないことばかりです。
「うまい」と言われる文章の書き方とか記者ハンドブックなどを参考にして上手な表現を身につけましょう。
そうした自分磨きをしておけばネット上の交際サイトのみならず会社の仕事でも役立ちます。
一生の宝物になるから、やるのは今です。

昔から出会いの場と言うものは友人・恋人が対象であるにも関わらずその方法自体はたいして変化をしていません。
ただ携帯電話の普及により手段そのものに変化が訪れ、
今では殆どがメールを通じての交流になっています。
しかしなぜ若者はメル友を作りたがるのでしょうか?
電話や直接会う方法ではどうしても時間を取られてしまいがちです、
しかしメールなら数分、数秒で思いを伝えることができますから忙しい中でも相手との交流を図れるわけです。
ようするにメル友を求めているのではなく、メールで交流を持てる相手を求めているのです。
その手段の手軽さが魅力なのではないでしょうか。
近年では若者のコミュニケーション能力の低下が問題視されていますが、
そんな彼らにとってもメールは大いに心強いツールです。そんな簡単な交流で親交が深められるものか、
と言う人もいますがそう言う人はメールをしたことがないのでしょう。
普段の煩わしい対面や相手の顔色を伺うような垣根がないわけですから、
行き成り一歩踏み込んだ付き合いが可能になるのですから、
これで親交を深められないわけがありません。
これにばかり頼っていては直接交流のスキルがどんどん低下すると思われるでしょうが、
いきなり会ってわたわたするよりは、メールを通じて仲良くなってからリラックスして会うほうがよっぽど絆は深まるでしょう。
またこれのせいで直接交流の機会が減ったとしても、
それはそれで新しい時代が来たと言う事ではないでしょうか?
これほど簡単に仲間を増やす事ができるなんて本当にすばらしいことではありませんか。

携帯電話の普及の要員はその必要性の他に、料金が安価になったこともあるでしょう。
おかげで一人一台どころか、最近では小学生までが所持しています。
一昔前までは家の電話を長くつかっているだけでも怒られたというのに不思議なものですね。
そして携帯電話に欠かせない機能と言えばやはりメール機能。
電話のような面倒さもなく、気軽に相手の顔を見ずに連絡を取り合えることもあって、
その利用率は爆発的なものとなりました。
そして当然知人意外のメール相手を探す手段も飛躍的に増えたというわけで、
一番最初に思いつくのが掲示板や出会い系サイトといったものでしょう。
普段出会えないような人達と出会うきっかけにもなりますし、
最近ではブログやSNSと言った出会いの窓口もありますから益々そのチャンスは手ごろなものとなったでしょう。
直接対面して話すのが苦手な人でも、文章と言うシンプルな媒体を活用する事で、
より相手に自分を理解してもらえますし、相手も自分の事を良く知れるおかげで親密な間柄になります。
どんどん人との交流が希薄になってきていると嘆く人もいますが、
逆に簡単に交流を深められるようになったのではないかと思います。
悪質な出会い系サイトも中にはありますが、できるだけ良質で安全な交流の場を見つけて、
生涯つきあっていけるような相手とメールを通して信仰を深め、付き合って生きたいものですね。

最近の若い人達の間では、メル友から新しい出会いに発展させるケースが多いようです。
携帯電話が普及するまでは、家の電話や手紙で待ち合わせの約束をし、
待ち合わせの場所に赴き、緊張しながら話をして交流を深めるというものでした。
随分手間のかかるもののように思えますが、それが当たり前のものだったのです。
しかし今ではメールで数秒で相手と交流を図れ、会う前にすでにお互いを深く知る事も可能です。
何日も先の約束をせずに、明日の事どころか数時間先の約束だって可能です。
これだけ手間を短縮できたのですから、人が生涯出会う他人の数も飛躍的に増えたのではないでしょうか?
しかし簡易化された交流だけに、人と人のコミュニケーションを取る上でのエチケットも簡易化されつつあります。
お互いに良好な関係を得るためにはやはりモラルや気遣いが必要です。それは昔と変わりません。
しかしそれまでが希薄になってきているのは問題でしょう。
こちらがなんとも思っていなくても、相手は不快感を感じ関係を絶ちたがっているかもしれません。
そういった事がないように、常に対人での行為で在ると言う事を忘れずにしたいものです。
お互い最低限のマナーを守った上で、有効な関係を築くためにお互いを話、
メールという自分を偽る必要のない手段を使って、
ありのままの自分を見せていけば次に会うときには初対面と言う足かせを忘れてさらに交流を深める事ができるでしょう。

ページ上部に